グリーン・バンカー・池とのレイアウトが美しいショートホール。右サイドはバンカーと池がグリーンまで続いているので、ティーショットはピンの左から攻めるのが良い。
グリーンは、センターから奥へ下がっているので、手前から攻めたい。