谷超えのショートホール。見た目より距離があるのでクラブ選択に気を使うことになるがティーショットはピンの左からフェードで攻めるのが良い。
グリーン上は、複雑なアンジュレーションがあるので、手堅くパーでおさめたい。